目的・組織

単独の教育研究機関では解決が困難な地域の課題に対して、
各大学・高専等の専門家が集結して取り組む

 「地域連携研究コンソーシアム大分」は、県内の高等教育研究機関のネットワークの中核となり、知の集積や、組織の枠を超えて共働する仕組みを構築することを推進し、様々な地域の課題の解決にむけてをサポートする組織です。
 「地域連携研究コンソーシアム大分」が窓口となり、把握した課題に迅速に対応すべく、教育研究機関の枠を超えて、参加機関の研究会から適任の研究者を選抜し、さらに、各教育研究機関に所属するコーディネーターを配置し、課題解決に向けた共同研究の立ち上げ、地域課題の把握から共同研究を通じての課題の解決まで、トータルサポートします。


【連携機関】

大分県立芸術文化短期大学、大分工業高等専門学校、大分大学、日本文理大学、
別府大学・別府大学短期大学部、別府溝部学園短期大学、放送大学大分学習センター、立命館アジア太平洋大学